転換性障害の治療法

近年ではその症状を持つ患者の車の交通事故によって知られてきたてんかん発作。
そのために運転免許への取り締まりが厳しく強化された背景を持ちます。
その人口は100万人近くがかかっているとされています。
てんかん発作は主に脳の神経が通常より興奮し身体のけいれんといった運動障害にいたります。
実質的には精神面の突然意識を消失してしまい、トランス状態にまで陥るような解離症状と心理的葛藤が身体のけいれんするような運動障害の転換していく転換障害に分かれています。
昔はヒステリーとされたことがありますが現在では心因的や脳神経の異常による機能障害となる深刻な病気の一つです。
てんかん発作は自律神経失調症が起こる大脳半球の一部からなる部分発作と意識を失い身体のけいれんに苦しめられる大脳半球両側からなる全般発作とがあります。
さらに二つの発作が続けて起こることがあります。
全般発作には強直間代発作と子供にかかるレノックス・ガストー症候群や秒単位の意識消失発作である欠神発作があり、これらの発作症状を予防する効果がある薬としてラミクタールがあります。
他の抗てんかん薬でバルプロ酸ナトリウムと一緒に使用することで、効果作用が半減期が2倍ほど長くなるくらいに高まります。
またラミクタールは躁うつ病を抑える効果がございます。
飲むことに水が不必要であり一部副作用や妊娠中の方には注意なため少量から始めることが必要です。
ラミクタールは予防する薬として長期間決められた量を服用し続けることが大事です。
このラミクタールによる単剤療法によって、それまでの抗てんかん剤の効果が期待できなかった患者の多くが発作を予防に役立ち症状への不安を抑えられた生活を送ることが可能になっています。