転換性障害が起こる原因

転換性障害はてんかん発作とは異なります。転換性障害とは精神的なストレスなどが肉体的な症状として発現する場合につけられる病名です。つまり、機能的な問題は見つからずかつ原因が精神的なものだとしか考えられない場合に転換障害と診断されます。ところが、てんかん発作の場合は脳機能の異常が原因ですから脳波の異常が観察されます。つまり、ラミクタールなどの抗てんかん薬では効果があまり期待できないという事になります。しかし、双極性障害などの精神疾患を伴っている場合には効果が期待されるため投与される可能性があります。

ラミクタールはあくまで、てんかん治療、双極性障害の治療薬です。正しい服用を行えばてんかん発作を抑制するためには効果的な治療薬です。特に、テグレトールなどのてんかん治療薬では抑制できなかったてんかん発作などには効果的に作用します。てんかん治療や双極性障害の治療は比較的長期間薬を服用する必要があり、ラミクタールを服用する際は、十分な注意が必要です。

使用の初期に副作用が出やすい事もあり、最初は必ず医師の指導のもとに使用を開始しなければなりません。最初から最大限の投与量を服用する事は重篤な副作用を起こす可能性があり、極端な場合には死亡する例も報告されています。副作用が出ない事を確認しながら、徐々に必要な投与量を探らなければいけません。そのために、医師の指導が不可欠です。さらにてんかん治療は長期間薬を服用するケースが多いため、ネット通販を利用するなどの利便性を求めて購入するケースも増えてきていますが、重篤な副作用を引き起こしたり、急な使用中止により重篤なてんかん発作を引き起こす可能性があるため、必ず医師の指導を受けながら服用することをお勧めします。