てんかん発作と転換性障害の違い

てんかんと転換性障害というのは、文字を読んだときの音が似ているところがあり誤解されやすいのですが、両者は全く異なる病気といえます。
てんかんというのは、脳の神経が異常な興奮状態となってしまい、手足が硬直して動かない、口から泡を飛ばす、意識がなくなるといったてんかん発作が生じる病気です。
脳に特に異常が見られない原因不明の場合もありますが、なんらかの身体的な原因、例えば仮死状態での出生や低酸素、脳炎、脳梗塞などといったものが引き金となっています。
こうしたてんかん発作の予防には、ラミクタールのような抗てんかん薬の処方が効果を上げていますが、これはラミクタールに脳の興奮をしずめるはたらきがあるからです。
いっぽう、転換性障害というのは、解離性障害としばしばセットになっていることがある、神経症性の障害のことをいいます。
心理的な葛藤が身体的な症状として置き換えられたのが転換症状で、身体的には実は何の異常もないのにもかかわらず、声が出なくなったり、歩けなくなったり、立てなくなったりする症状が典型的なものです。
解離症状は、人格が変わったり記憶が飛ぶような症状で、突然意識がもうろうとなったり、知らぬ間に旅行に出ていたりすることがあり、二重人格などもその一種です。
抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬などを効果的に投与するとともに、精神療法を併用して治療を行うのが一般的です。
患者の身体的な表現がてんかん発作に類似するかもしれませんが、あくまで心因性のものであるところにてんかんとの違いがあります。
なお、抗てんかん薬のラミクタールは双極性障害、特にうつ病相に対して効果があるとされていますので、場合によっては不安解消の目的でラミクタールが処方されることもあるかもしれません。

■てんかんが起こる前にてんかんの薬を常備!
安価なジェネリック医薬品ラメズ